D/P決済とは?意味やメリット・デメリット・その他の決済についても解説

D/P決済とは?意味やメリット・デメリット・その他の決済についても解説

国際貿易の取引において使われる、D/P決済の意味や仕組み・メリット・デメリットについて解説します。

またD/P決済と合わせてよく使われるD/A決済についても説明しています。

二つの決済の違いを知っておくことで、よりスムーズな国際貿易の取引が可能になるので、しっかり覚えておくようにしましょう。

D/P決済とは?

D/P決済の書類

D/P決済とは「手形支払時書類渡し」の為替手形で決済することです。
Drawee’s payment of Draftの略になります。


国際貿易の際にはよく採用される決済方法の一つです。

海外とのやり取りでは、商品の受け取りと同時に代金の支払いを行うことが難しくなります。

そのため代金の支払いは前払いか後払いになりますが、この方法だと輸出者は、代金が回収できないというリスクがあり、輸入者は商品入手が出来ないというリスクを負う可能性があります。

この両者のリスクを回避するために荷為替手形を使い、輸入者側が書類を受け取ってから決済するのがD/P決済です。

D/P決済の流れ

D/P決済処理をパソコンで行う

それではD/P決済についてもう少し詳しく説明しましょう。

輸出者と輸入者がどのような流れでD/P決済を行うのか、分かりやすくするために流れを見ていきます。
D/P決済での取引の流れは次のようになっています。

  1. 輸出者と輸入者間で売買契約書を締結する
  2. 輸出者が商品を船積みする
  3. 輸出者が船会社から船荷証券を取得
  4. 輸出者は売買契約書に記載された書類を作成
  5. 輸出者の取引銀行に必要書類を提示し輸出手形買い取り依頼書を提示する
  6. 輸出者の取引銀行が書類の確認をし、輸入者の取引銀行へ必要書類を送付し支払いの請求をする
  7. 輸入者が取引銀行から書類一式を受け取る
  8. 輸入者は取引銀行へ支払代金を入金
  9. 輸入者の取引銀行は支払い代金を受け取り後、輸出者側の銀行に資金の決済を行う
  10. 輸出者側の銀行が輸出者に代金の支払いをする

D/P決済のメリット

D/P決済を行うことでメリットがある

D/P決済のメリットは、銀行間で為替手形の手続きを行うことにより、輸出者と輸入者の双方にとって支払いのリスクを下げることができる点です。

D/P決済を使わなければ、輸出者は商品を送ったのに代金の回収ができないという事態にもなりかねません。

また輸入者側からすると代金の支払いをしたのに、商品が手に入らないという事が起こることも考えられます。

D/P決済をすることによって、輸入者と輸出者ともより安全に支払いのやり取りができます。

D/P決済のデメリット

D/P決済のデメリットのイメージ

D/P決済のデメリットは、次の点です。

  1. 輸入者が支払いを拒否する場合がある
  2. 納期前に輸入者が倒産した場合の補償は無い

1ですが、輸入国側が政情不安で輸入できないとなった場合や、経済状況が変わって商品を購入できなくなる、といった不測の事態が起きることがあります。

その場合、輸入者が荷物の引き取りを拒否するというケースが考えられます。

輸入者側の都合で勝手にキャンセルということは、あまり考えられないことですが、相手先の状況によってはまったくゼロとは言い切れません。

輸出者側は、輸入者に商品の引き取りを拒否された場合は、商品代金を回収することはできません。

このような場合に備えて、輸入者側の銀行が輸入者へ支払う金額を保証する信用状付きの為替手形がありますが、D/P決済にはこのような効力はありません。
次の項で、この信用状付きの為替手形について説明しています。

2の場合は、輸入者が納期前に突然倒産した場合ですが、この場合も銀行から補償してもらうことはできません。

信用状付きの為替手形はL/C

L/Cでお互い安全な取引ができるイメージ

輸入者が突然、商品の受け取りを拒否すると言った場合に備えて、輸入地の銀行が輸入者の支払う金額を保証するシステムがL/C(信用状)です。

L/C決済の手続きは次のようになります。

  1. 輸入者は取引銀行にL/Cの発行を依頼する
  2. 銀行が輸入者の審査を行う
  3. 審査が通ったら銀行が輸出者にL/Cを発行する
  4. 輸出者は現地の銀行からL/Cの通知を受け必要書類を銀行へ提出
  5. 輸出地の銀行が書類を確認し輸入者に代金を支払い、L/Cを発行した銀行に書類を送付
  6. L/Cを発行した銀行は送付された書類を確認し、輸出先の銀行に代金を支払う
  7. L/Cの発行銀行は輸入者に代金を請求
  8. 輸入者がL/Cの発行銀行へ代金を支払う
  9. L/Cの発行銀行が輸入者へ船積み書類を渡す
  10. 輸入者はその書類で商品の受け取りをする

D/P決済とD/A決済の違いとは

D/P決済とD/A決済・違いのイメージ

D/P決済と同じくよく使われる言葉にD/A決済があります。ここでD/A決済について説明していきます。

D/A決済は期限付きの為替手形のこと

D/A決済はDocument Against Acceptanceの略で、「手形引受時書類渡し」のことです。

D/A決済に対して、「手形の支払いの期日」が条件になっていることがD/P決済と違う点です。

支払いの期日までに支払いをしないと商品が受け取れません。

期日には一定期間のうちに代金を払うという条件も付きます。

例えば支払い条件が「D/A 30 days after sight」となっていた場合は、「手形を受け取った日から30日後に支払いをする」ことになります。

D/A決済のメリット・デメリット

D/A決済を行うことでのメリットとデメリット・イメージ

D/A決済では輸入者側にとって、代金決済前に商品を受け取ることができるのがメリットになります。

輸出者側にとっては、輸入者が手形を受け取った時点で商品を引き取れるので、代金回収のリスクが高くなることがデメリットになります。

D/P決済の意味やメリット・デメリット・その他決済についても解説・まとめ

D/P決済をする

D/P決済は「手形支払時書類渡し」での為替手形で、輸入者と輸出者の間において、代金回収や商品受け取りのリスクを軽減するための支払い方法です。

同じくよく使われるD/A決済は、「手形引受時書類渡し」での為替手形で、D/P決済と違う点は支払いの期限が決まっていることです。

どちらの支払い方法も銀行からの補償は付いていないため、代金回収や商品受け取りのリスクがありますが、書類のやり取りがL/C(信用状付き)の為替手形に比べるとスムーズに行われます。

取引先との関係やお互いの取引実績などを考慮して、最適な支払い方法を選ぶようにしましょう。

国際貿易のことでお困りのことがございましたら、Portricheまでご連絡ください。

弊社はデジタル化に特化した新世代のサービスをお客様に提供しています。
快適なPortricheのサービスをぜひご体験ください。