インコタームズのFOBとは?意味や用途・メリットやデメリットも解説

インコタームズのFOBとは?意味や用途・メリットやデメリットも解説

貿易用語でしばしば耳にする、インコタームズのFOBについて意味や用途を解説しています。
この記事では、貿易関係の初心者の方にも分かりやすく、かみ砕いて説明しました。

FOBのメリットやデメリットにも触れているので、インコタームズのFOB条件で取引をしたいという場合の参考になれば幸いです。

インコタームズの「FOB」の意味

インコタームズのFOBの意味について調べている男性

インコタームズのFOBとは、Free On Boardの略で、「本船渡し」という意味です。
「甲板渡し条件」と言われることもあります。

FOBは国際貿易取引のルールである、インコタームズの中の取り決めの一つで、船舶輸送に関した規則です。

国際貿易では、運搬費用、関税や通関費用など様々なコストが発生しますが、輸入者と輸出者の間でどちらがどこまで費用を負担するかが問題になります。

そのような場合に取り決められたルールがインコタームズで、貿易取引条件に基づいて、11の規則が決められているのです。

FOBの取引条件

それでは実際に輸入者と輸出者が、インコタームズのFOBの条件で取引を行うことになると、どのような流れになるのか分かりやすく説明していきましょう。

まず輸入者と輸出者が双方で話し合い、インコタームズに乗っ取って、FOBの取引条件で輸出入をすることになりました。

FOBでの取引条件は、「本船渡し」です。

この本船渡しとは、船に貨物を積み込むまでが輸入者側の責任になり、船に貨物が詰みこまれた後は、輸出者の責任になります。

輸出者側の負担は、貨物を船に詰み込むまでで、貨物を船に詰み込んだところで契約が終了し、運賃や保険料などは輸入者の負担です。

FOBは貿易取引で、よく使われる取引条件の一つになります。

FOBと似ているCIFとは?

FOBとCIFについて調べている男性

FOBと似ている取引条件に、CIFがあります。

CIFはCost, Insurance and Freightの略で、「運賃保険料込み」という条件です。

Cost, Insurance and Freightとある通り、「FOBに運賃と保険料を加えた取引」、と覚えると分かりやすいでしょう。

FOBでは輸出者側は、船に貨物を積み込むまでが輸出者側の責任でした。
CIFではそれにプラスして、海上輸送の運賃と保険料を加えた取引になります。

輸出者は輸入者側の港までの諸費用をすべて負担する取引条件です。

FOBのメリットとデメリットは?

FOBとメリットとデメリットについて解説している男性

FOBでの取引条件には、輸入者側と輸出者側にそれぞれメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットを知ると、よりスムーズで安全な国際貿易の取引ができますので、必ず覚えておくようにしましょう。

FOBのメリット

FOBの取引条件で契約をすることのメリットは、輸出者側が貨物を船に詰み込むところまでの負担になり、後は輸入者側の負担と責任になるため、輸出者側に負担が少なくメリットが大きいところです。

輸入者側のメリットとしては、海上運賃の値下げ交渉を直接フォワーダーにできることでしょう。
何社かのフォワーダーに見積もりを出してもらい、一番条件の良いフォワーダーと取引をすることも可能です。

FOBのデメリット

FOBのデメリットは、貨物を船に詰み込んだ後の運搬費用や関税、通関費用などは輸入者側の負担になるため輸入者側に、より大きなリスクが発生することです。

輸入者側は、取引量や取引の頻度を考慮して、他の取引条件に変えてもらうことも一案でしょう。

インコタームズの全取引条件はいくつある?

インコタームズについて調べている男性

インコタームズには、FOBやCIFの他に11の取引条件があります。

全ての取引条件をここで簡単にご紹介しておきます。

全ての取引条件を知ることによって、国際貿易で取引する際は、どんな条件で取引をすればよいのか把握できるようになるでしょう。

インコタームズの11の取引条件は次の通りです。

【すべての輸送手段に適した規則】

  1. EXW 工場渡し
  2. FCA 運送人渡し
  3. CPT 輸送費込み
  4. CIP 輸送費保険料込み
  5. DAP 仕向地持ち込み渡し
  6. DPU 荷降ろし込み持込み渡し
  7. DDP 関税込み持ち込み渡し

【船舶輸送に適した規則】

  • FAS 船側渡し
  • FOB 本船渡し
  • CFR 運賃込み 
  • CIF 運賃保険料込み

取引条件はグループに分かれており、「すべての輸送手段に適した規則」と「船舶輸送に適した規則」の二つです。

輸出者と輸入者は、この11の取り決め条件のどれかを選び、貨物を輸送します。

インコタームズのFOBについてのまとめ

インコタームズのFOBについて理解できてグッドサインを出す男性

FOBは国際貿易におけるルールである、インコタームズの取り決めの一つです。

FOBは「本船渡し」という条件で、輸出者が貨物を船に詰み込むまで費用を負担し、それ以降は輸入者に費用と負担がかかるという取り決めになっています。

この取り決め条件では輸入者側により大きな負担がかかりますが、国際貿易では良く使われる条件の一つです。

輸入者側は、貨物の量や頻度に応じて、取り決め条件をインコタームズの他の条件に変更することも検討すると良いでしょう。

国際貿易についてお困りのことがありましたら、Portricheまでお問い合わせください。

今まで個別にやり取りをしていた貿易業務を、Portricheプラットフォームで一括にまとめて完結させるので、今までにない貨物のスムーズな輸送が可能になっています。
快適なPortricheのサービスを、ぜひご体験ください。