インコタームズ2020とは?難しい貿易用語を簡単・分かりやすく説明

インコタームズ2020とは?難しい貿易用語を簡単・分かりやすく説明

貿易関係の仕事で「インコタームズ」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

言葉は知っているけど意味がよく分かっていない、これから覚えるという方 もいるかもしれませんね。

一見すると複雑で難しそうな貿易用語ですが、貿易用語の初心者の方でも簡単に分かりやすく説明しています。
インコタームズについて見ていきましょう。

インコタームズとは何?

インコタームズとは何か考えている女性

インコタームズを簡単に説明すると、「国際貿易の取引におけるルール」のことです。
インコタームズは様々な種類があるものの、そもそもなぜインコタームズが存在するのか解説していきましょう。

国際貿易を行う際には、売り手と買い手側で、

  • 輸出側と輸入側のどちらが、どこまでの運賃を払うのか
  • 貨物の責任はどちら側が取るのか
  • 保険料はどちら側が取るのか

等を決め認識を合わせる必要があります。
インコタームズはこの認識を合わせるために、国際商工会議所が1936年に制定した貿易条件です。

続いて、インコタームズの内容について見ていきましょう。

インコタームズの主な内容

インコタームズの取り決めには次のようなものがあります。

  1. 運賃
  2. 保険料
  3. 損失責任負担

国によって貿易に対する取り決めがばらばらだったり、用語の解釈が不一致だったりする場合があります。

そんな場合は何か問題が起きた時、売り手側と買い手側が話し合いをしても決着がつかない恐れがあり、問題を回避するために、あらかじめ取り決めしたものがインコタームズです。

インコタームズは、国際的に統一された貿易基準として機能しています。

インコタームズに強制力はない

国際的な貿易基準の取り決めであるインコタームズですが、あくまで遵守するというスタンスです。

インコタームズは法律ではないので、強制力はありません。

貿易取引の際に「本契契約の貿易条件はインコタームズに基づく」などと契約文章の中に約款を入れるのが、一般的になっています。

インコタームズ2020とは?インコタームズにも種類がある?

インコタームズ2020について調べる女性

インコタームズは「インコタームズ」とか「インコタームズ2020」と表記されることがありますが、いろいろ種類があるわけではありません。

基本どちらも同じものだと思ってよいでしょう。

インコタームズは1936年の制定以来、何回か改定されており、最新版のインコタームズが「インコタームズ2020」というわけです。

改定前のインコタームズと区別するために「インコタームズ2020」と呼ばれているのです。

インコタームズ2020以前の規定では、バラ積み船用の規則や仕向け地での受け渡し条件について整理されていませんでしたが、最新版のインコタームズ2020ではそれらの規定等について整理されています。

インコタームズの規定は11個

インコタームズの規定についてホワイトボードに書き出す女性

インコタームズの規定は11個あります。
11個の規定は次の通りです。

【運送手段に適する規則】

  1. EXW 工場渡し
  2. FCA 運送人渡し
  3. CPT 輸送費込み
  4. CIP 輸送費保険料込み
  5. DAP 仕向地持ち込み渡し
  6. DPU 荷卸込み持ち込み渡し
  7. DDP 関税込み持ち込み渡し

【海上および内陸水路運送のための規則】

 8.FAS 船側渡し
 9.FOB 本船渡し
 10.CFR 運賃込み 
 11.CIF 運賃保険料込み

インコタームズの基本は6つ

インコタームズについて調べる女性

インコタームズは11個全部を覚える必要はありません。
よく使われるインコタームズの基本6つについて覚えておきましょう。

基本の6つについて簡単に解説します。

1. EXW 工場渡し

EXWは売り手が輸出先の工場から、詰み荷を買い手に渡すことを取り決めた規定です。

輸送費用と貨物の責任は売り手側で、貨物をコンテナに詰みこむまで売り手側の責任であることを記しています。

輸送中の詰み荷の破損等の問題は買い手側の責任になるので、売り手側には楽な取引です。

2. FOB 本船渡し

FOBは詰み荷が本船の甲板に乗るまでが、売り手側の責任になることを規定しています。

本船に詰み荷が乗った時点で買い手側の責任になります。

輸出側の国内の輸送費は売り手が負担し、海上運賃と上陸してからの輸入費用は買い手側の負担であることを定めています。

3. CFR 運賃込み

CFRはC&Fとも呼ばれ、貨物を本船に積み込むまでの費用と海上運賃を、売り手側が負担することを規定した取り決めです。

万が一、海上輸送中にトラブルが起きた場合は買い手側の責任になります。

4. CIF 運賃保険料込み

CIFは、詰み荷を本船に積み荷を本船に詰み込むまでの費用と、海上運賃、保険を売り手側が負担する取り決めです。

CFRに、売り手側が保険をかけた取引条件になります。

5. DDU 荷卸込み持ち込み渡し

DDUは、買い手側の指定した届け先までの運賃を、売り手側が負担することを規定した取り決めです。

ただし輸入関税と消費税は買い手側が負担します。

6. DDP 関税込み持ち込み渡し

DDPの取引条件は、売り手側が貨物の運賃や責任をすべて負担する取り決めです。
この取り決めでは輸入関税や消費税も売り手側の負担になります。

輸送中の問題も売り手側が全部負担することになるので、買い手側としては一番楽な取引条件でしょう。

実際には売り手側が全部負担するというよりも、製品に費用が乗っているようです。

インコタームズ2020についてのまとめ

インコタームズの取り決めが決まりほっとして眼鏡をはずす女性

インコタームズは国際貿易において、売り手側と買い手側の間でトラブルが起きないために取り決められた国際規定です。
運賃や支払い等について11の規定があります。

よく使用される6つの取引について覚えておくと良いでしょう。
インコタームズは法律ではないので強制力はありませんが、貿易上の国際基準として取引の際に用いられます。

取引条件などインコタームズに関することでお困りの方は、Portricheまでご連絡ください。
弊社はデジタル化に特化した新世代のサービスをお客様に提供しています。
今まで個別にやり取りをしていた貿易業務を、Portricheプラットフォームで一括にまとめて完結させる等、今までにない貨物のスムーズな輸送を可能にしています。

ぜひ一度Portricheのサービスをご体験ください。