L/C決済とはどんな意味?L/C決済のメリットやデメリットについても解説

L/C決済とはどんな意味?L/C決済のメリットやデメリットについても解説

L/C決済は、国際貿易で頻繁に使われる言葉の一つです。
貿易上の支払いに関する重要な言葉なので、意味やどのような場面で使われるのかをしっかりと把握しておきましょう。

H2 L/Cは信用状のこと

ファイルに収められたl/cの書類

L/CはLetter of Creditの略で、「信用状」のことです。

Creditというのはクレジットカードという言葉もある通り「信用」という意味で、Letterは「手紙、書簡や書面」という意味があります。

国際貿易の場面では支払いの時に用いられ、L/C決済とも言います。

L/C決済とは代金の支払いを保証するシステム

代金の支払いに使用されるお札

L/C決済とは銀行が輸入者に変わり、輸出者に対して代金の支払いを保証してくれるシステムのことです。

海外業者のやり取りで、特に初めての取引の場合、商品の支払いについてリスクが付きまといます。


前払いの場合だと輸入する側が、商品を受け取れないかもしれないというリスクが発生するかもしれません。
また後払いにすると輸出者が代金を受け取れないかもしれないというリスクが考えられます。

どちらにしてもこの支払の問題を避けたいところです。


この問題を回避してくれるシステムがL/C決済です。

L/C決済の手続き

l/c決済の手続きをパソコンで確認している

それではL/C決済についてより理解を深めるために、L/C決済がどのように手続きされるのかをご紹介していきましょう。

L/C決済の手続きは次のような流れで行います。

  1. 輸出者と輸入者の間で売買契約を交わす
  2. 輸入者が売買契約にもとづいて取引銀行にl/cの発行を依頼
  3. 銀行は輸入者の審査をする
  4. 審査が通過したら銀行は輸出者宛にl/cを発行する
  5. 輸出者は現地の銀行を通してl/cの通知を受ける
  6. 輸出者はl/cの取引内容を確認
  7. l/cに訂正箇所があれば輸入者へ訂正を依頼
  8. 船積み後に輸出者は書類(船荷証券や荷為替手形など)を銀行に提出
  9. 輸出地の銀行は提出された書類とl/cを照合・確認
  10. 輸出地の銀行が輸出者に代金を支払う
  11. 輸出地の銀行からl/cを発行した銀行に書類を送付
  12. l/cの発行銀行は書類とl/cを確認して買い取り銀行に代金を支払う
  13. l/cの発行銀行が輸入者に輸入代金の請求をする
  14. 輸入者が発行銀行に対して輸入銀行の代金を支払う
  15. l/cの発行銀行が輸入者に船積みの書類を渡す
  16. 輸入者はその書類を元に貨物の引き取りを行う

輸出者と輸入者の間で交わした契約を元に、銀行が間に入って代金の支払いを行います。

書類のやりとりがポイントになります。

L/C決済は国際貿易の取引において重要

よく知らない取引相手や初めての取引相手の場合、輸入者間で支払いに関する問題が起こらないとも限りません。

しかしL/C決済を使えばより安全に取引できるので、国際貿易の取引においては重要な決済方法と言えるでしょう。

世界中でL/C決済が取引されています。

L/Cは国際間で統一されている

L/C(信用状)は国際間で統一され、共通のシステムで手続きがされています。

国際商業会議所(ICC)では、国際取引に関するルールを推進しており、l/cのルールも国際商業会議所(ICC)で統括しています。

L/Cのメリット

l/c決済を使うことでメリットがある

L/Cの最大のメリットは、何といっても取引先の相手とより安全な支払い手続きを行えることです。

輸出者は信用状の条件に沿って書類を提出することで、代金の支払い保証の確約を受け取ることができます。
輸入者は輸入代金を前払いする必要がありません。

船積み書類の記載内容を確認してから代金の支払いをすることができるので、商品の受け取りを確約できます。

また輸出者側の不正やミスの発生を未然に防ぐという効果もあります。

買い取り時に輸出者側の取引銀行が書類内容を確認するため、輸出者の不正があった場合は支払いの手続きができません。

L/Cの発行に関しては銀行の審査を受けるため、l/cが発行できるということは信用力があるということにもつながります。

L/Cのデメリット

l/c決済を使うことでデメリットもある

良いことづくめに見えるl/c決済ですが、もちろんデメリットもあります。
デメリットとしては次のことがあげられます。

・取引に時間がかかる

・銀行への手数料がかかる

・買い取り拒否が起きることがある

・L/Cに関しての知識が必要

それぞれを解説していきます。

取引に時間がかかる

輸入者側では荷物をスムーズに受け取りたいところですが、L/C決済をする場合は時間がかかります。

貿易書類は銀行で一度確認されてから輸入者のところに来るため、貨物の引き取りが遅くなるのです。

銀行での確認で書類に何か不備があれば、訂正してから再び確認するということも考えられます。

L/C決済は時間がかかるということを覚えておきましょう。

銀行への手数料がかかる

輸入者側も輸出者側も、銀行へ手数料を支払わなければなりません。

そのため少額の取引ではl/c決済を行わない場合があります。

買い取り拒否が起きることがある

L/C決済は安全な取引システムですが、それでも輸入者側で買い取りを拒否するケースも考えられます。

それは貿易書類の内容とl/cの内容が一致してない場合です。

この場合は輸入者側で買い取りを拒否できるため、輸出者にとってのリスクになります。

L/Cに関しての知識が必要

輸入者側も輸出者側も、取引に対して経験や知見があることが、不正なL/C取引を避けることになります。

そのためL/Cに関しての知識が必要になります。

貿易書類とL/Cの内容が違っていればそれを指摘し、訂正できることも必要です。

L/C決済は国際貿易における安全な取引システム

l/c決済は国際貿易においてお互いが安全に取引できるシステム

L/C決済は国際貿易において、支払いにおける安全な取引システムであると言えます。

手続きに関しては、l/cに精通している担当者に任せた方が良いでしょう。

L/Cやその他国際貿易に関してお困りのことがあれば弊社までご連絡ください。

弊社はデジタル化に特化した新世代のサービスをお客様に提供しています。快適なPortricheのサービスをぜひご体験ください。