【用語解説】サプライチェーンとはどういう意味かをわかりやすく解説!

【用語解説】サプライチェーンとはどういう意味かをわかりやすく解説!

「サプライチェーン」とは一体何か?

普段生活していると、とても聞きなれない言葉である、「サプライチェーン」

この記事では、「サプライチェーン」をわかりやすく解説いたします。

【日本語で言うと「供給連鎖」】

「供給連鎖」というと、難しいイメージがあります。

ですが、内容を知ると意外と身近な物たちの流れが見えてきます。

サプライチェーンとは、商品や物の原材料や部品を一から仕入れることを指します

集めた原材料や部品を加工して商品を作り出し、いま私たちの生活するためのものとして、私たちが購入しています。

サプライチェーンは物の流れのことを指します。

一度消費者が購入したものが回収されて、加工や販売に回ることもあり、また私たちの手元へと戻ってくることもあります。

サプライチェーンは、物や商品の流れが作るほうから消費者側に流れていきますが、情報の流れは逆です。情報の流れは消費者から、生産者や企業に回ってきます。

また、配送されるときの温度が低温な場合は、「コールドチェーン」と呼ばれます。

冷凍や冷蔵品などは、低温ですので「コールドチェーン」です。

【サプライチェーンの区分は大きく分けて3つ】

「サプライチェーン」には、大きく分けて3つの区分が存在します。川で例えると、物が作られながら上流から下流へ流れていくようなイメージです。

【川上事業】

川上事業は素材メーカーを指しています。科学系や繊維系、鉄鋼系の素材を製造します。

【川中事業】

川中は卸売業を指します。

川上事業で製造した物を自動車部品や電子部品などといった部品メーカーが製品を製造します。

【川下事業】

川下事業は、小売業を指します。

川上事業から川中事業に製造品が流れ、完成した商品を川下事業が販売します。

【つまりどのように「供給連鎖」が行われているのか】

川上産業が、原材料や部品を集めて、商品を作るための元となる物資を調達します。

そして、川中事業が、川上産業が集めた原材料や部品を加工し、製造します。この時点で、商品が出来上がり、在庫管理が行われます。

その後、川下事業が配送や販売を行います。調達→製造(川上事業)生産→在庫管理(川中事業)販売・購買(川下事業)と流れます。

さらに、消費者から、リサイクルなどで消費した商品を回収することにより、商品を分解し、その部品から新しい商品やほかの商品を製造し、販売することもあります。

消費者が中古店などに、商品を売り出し、そこで回収された商品が違う消費者のもとに新たに販売されることもあります。

そして、商品がどのくらい売れたかなどの情報は、消費者から回ってくることになります。消費者が商品を購入することで、販売店などが在庫管理や商品がどのくらい売れたかを分析し、それが企業へと回ってきます。

【サプライチェーンとかかわりの深い「SCM」とは?】

SCMとは、「サプライチェーンマネジメント」と読みます。略してSCMです。

サプライチェーンマネジメントは、商品の流れであるサプライチェーンを管理することを指します。情報の管理です。

この情報の管理を行うことによって、会社全体そして組織全体の情報を連携して管理できます。仕入れた原材料の管理、製造した商品の在庫の管理、配送後の販売管理を細かく役割分担することにより、会社全体、そして組織全体の業務を最適化することができます。

商品の管理の情報が整うと、会社や組織全体で仕入計画や、販売計画、そしてそれにより、マーケティングの戦略をすることができます。

それが、それぞれ川上業者、川中業者、川下業者で分担されていると推測できます。

【「SCM(サプライチェーンマネジメント)」のメリットとは?】

SCMには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

  • リードタイムの削減
  • 在庫管理の最適化
  • 売り上げの最大化

上記の事がメリットです、一つずつ解説していきます。

【リードタイムの削減】

作業開始から作業終了まで時間のことを、リードタイムといいます。

この時間をサプライチェーンマネジメントで削減することできます。

リードタイムは、すべての業務に存在し、仕入れリードタイム、製造リードタイム、販売リードタイムと、川上業者、川中業者、川下業者すべてで発生していることがわかります。

情報が共有されていると、「聞いていなかった」ということによる情報伝達の遅れや、相違、無駄な会議などを減らすことも可能だと推測できます。

【在庫管理の最適化】

在庫は多すぎても少なすぎてもNGです。お客様の求めているものや、流行り、需要などといったニーズと、キャッシュフローと呼ばれる、お金の流れとの関係性を考えて、ちょうどよい在庫管理をすることで、会社や組織全体でスピーディーに動くことができるのです。

【売り上げの最大化】

作業開始から作業終了までの時間(リードタイム)の削減、在庫管理の最適化により、売れない状況(機会損失)をなくして、お金の流れをよくすることによって、売り上げが上がっていきます。

物が売れると、景気が良くなるというのはこういうことです。

そのためには、サプライチェーンマネジメントはとても大切な環境と言えます。

【つまり何がSCMで起きてるのか】

物の流れの情報(サプライチェーン)を管理することによって、企業全体で情報の共有することができます。企業全体で商品の開発から販売までの流れをスムーズに実行することができます。

仕入れから、製造、販売などといったすべての工程において、時間を短縮し作業を効率化。

それぞれの工程において、さらに役割を分担すること、その過程で情報を共有することにより、組織全体の管理業務機能を最大限まで引き出します。

そして、在庫の管理の環境を整えることにより、売り上げを大きく上げることができます。在庫は、多すぎても少なすぎてもNGです。

在庫が多いということは、現金化ができていないということになるので、商品開発や原材料の仕入れ、製造、配送などに使ったお金を回収できていないということになります。

逆に、在庫が少ない場合は現金化できる商品が少ないということになります。

市場の需要に合っていないため、欠品などが起きやすく、お金の流れも悪くなります。

お金の流れ(キャッシュフロー)と、消費者の流行りや需要(ニーズ)にあった分析や、商品開発、商品製造、在庫の管理があることにより、商品の売れ行きが良くなることで、経済が安定してくるということが推測できます。

【まとめ】

全体をまとめると、サプライチェーンで物の流れる情報をつかみながら、サプライチェーンマネジメント(SCM)で情報を管理し、売り上げを上げていくといった流れでしょうか?

普段私たちが商品を購入することにより、より良い商品を開発し、社会や組織が発展していくのは、自分も社会の発展に実は貢献できているという発見もあるのではないかと思います。

今の社会では、お金を使うことを避ける傾向があるため、サプライチェーンやサプライチェーンマネジメントが難しい可能性もありそうです。消費が起こらないということは、在庫が多くなり、会社や組織がマーケティングできず、お金の流れが良くならないということですから、不景気につながりそうですね。

さらに私たち消費者に販売される商品が少なくなり、物価の値上がりなども起きる可能性もありそうです。少しでも、会社や組織が豊かになる時代が来るといいですね。

乙仲記事はこちらから!

貿易に関しては最小に重要なのは乙仲です。乙仲について詳しく知ってみたいという方はこちらの記事から見ていってくださいね。