【初心者必見】パッキングリストとは?記載内容やインボイスとの違いを解説!

【初心者必見】パッキングリストとは?記載内容やインボイスとの違いを解説!

貿易に関わっている方あれば、必ず耳にしたことがあるパッキングリスト。

本記事では、「パッキングリストにはどのような意味があるのか?」「何が書かれているのか?」「インボイスとの違いは何か?」といった疑問を解決します!

パッキングリストについて

パッキングリストとは何かを解説

まずは、パッキングリストの概要を説明します。

パッキングリストとは

「パッキングリスト(Packing List)」とは、輸出入取引に必要となる、梱包明細書のことです。

どんな貨物が、どのような形態で梱包され、どれくらいの重さ・大きさなのかが明記されています。

インボイスとの違いは

パッキングリストとセットで耳にする「インボイス(Invoice)」ですが、こちらは請求書の役割を持っています

インボイスには、パッキングリスト同様に貨物1つ1つの情報と、それぞれの請求金額などが記載されます。

他にも決済条件や貿易条件など、取引の契約内容が分かるように作成されることが一般的です。

パッキングリストの役割

パッキングリストの役割は何かを解説

次に、パッキングリストが貿易取引の中で、どのような役割をするのか解説します。

輸出入申告書の審査に用いる証明書類

パッキングリストは、輸出入通関に必要な書類です。通関業者に、輸出通関および輸入通関を依頼する際には、インボイスとあわせて提出します。

輸出申告書や輸入申告書には、以下のような貨物に関する項目があります。

  • 申告する貨物の合計個数
  • 申告する貨物の総重量

これらの情報は、パッキングリストにしか記載がないため、申告書はパッキングリストを確認しながら作成されます。

納品書の役割

貨物だけが荷受人に引き渡されても、誰の何の貨物か荷受人も分かりません。

そのため、インボイスとパッキングリストは、貨物に添付された状態で納品され、納品書としての役割も果たします

パッキングリストには何が書かれている?

パッキングリストには何が書かれているか解説

ここでは、パッキングリストに記載されている具体的な内容を解説します。

送り主と荷受人の情報

パッキングリストには送り主(Shipper)の住所などの情報、荷受人(Consignee)の情報と、船積日などの情報が記載されます。

作成するときは、いつ、誰が、誰に、何を、何個送った荷物なのか分かるようにするのが望ましいです貿易条件や、輸送方法などもあわせて記載されることがあります。

梱包形態(荷姿)

梱包形態は荷姿とも呼ばれ、貨物が輸送のために梱包されたあとの、外観がどのような姿かを表しています。主な5つの梱包形態を以下に紹介します。

  • CASE(ケース)
  • SKID(スキッド)
  • PALLET(パレット)
  • CARTON(カートン)
  • CRATE(クレート)

荷姿の表記は、省略されることもあります(ケース→CS、カートン→CTなど)。また、後述の荷印(ケースマーク)と一緒に、それぞれの貨物に番号を振り当て、その番号と一緒に記載されることが一般的です。

梱包形態をはじめて見る方は、それぞれがどのような形なのか写真などで確認してみて下さい。

重量(Net weight,Gross weight)

パッキングリストには、各貨物の重量も記載されます。重量の表記はNet weight(正味重量)とGross weight(総重量)の2種類があります。Net weightは正味重量で、貨物そのものの重量のことです。一方のGross weightは梱包後の梱包材も含んだ総重量を指します。

通関申告では、どちらの重量も必要な情報で、Gross weightは、主に航空運賃の計算基準に使用される重量表記です。

どちらも単位はキログラム(kg)で記載するのが一般的です。

容積(MEASUREMENT)

貿易では、容積も重要な情報としてパッキングリストに記載されます。容積は「長さ×幅×高さ」で求め、単位は通常立法平方メートル(M3)で表します

海上輸送において、運賃計算の基準として使用されるのが容積です。また、コンテナヤードや保税倉庫での保管料など、各種チャージ料の算出にも使用されています。

荷印(CASE MARK)

荷印(CASE MARK)とは、貨物が複数ある場合に、どれに何が入っているのかを判別するために作成されます。貨物の現物の外箱に貼り付け、中身の詳細はパッキングリストに記載します。

荷印(CASE MARK)は決まった形はありませんので、各社独自に設定できます。文字だけではなく、記号や図形を用いて見分けやすくするなど様々で、NO.1、NO.2・・・と番号を振ることが多いです。

パッキングリスト作成時の注意点

パッキングリスト作成時の注意点

ここでは、実際にパッキングリストを作成する方へ、作成時の注意点を解説します。

インボイスとの整合性を確認しよう

インボイスとパッキングリストは、2つで1つの書類と言っても過言ではないほど、関係が深いです。貨物の数はそれぞれ一致しているか、荷主や荷受人の情報は一致しているかなどを確認することが求められます

万が一、通関後にパッキングリストが誤っていると、密輸を疑われる事態にもなり得ます。それぞれの間違いを防ぐためにも、インボイスとパッキングリストの整合性を相互に確認しましょう。

B/Lとの整合性を確認しよう

インボイスやパッキングリストに記載された内容をもとに、船積時にはB/Lが発行されます。輸入地では、インボイスやパッキングリストと、B/Lの内容が合致してはじめて貨物が引き渡されるので、きちんと内容が一致している必要があります

輸入者がトラブルなく輸入するためにも、パッキングリストに記載した内容と、B/Lに記載された貨物情報が一致しているか確認しましょう。

パッキングリスト受取時の確認事項

パッキングリストで貨物のサイズを確認しよう

ここでは、パッキングリスト受取時の確認事項を紹介します。

運賃割り増し料金

パッキングリストを作成する中で、1.5mを超える長尺貨物があった場合は要注意です。海上輸送も航空輸送も、長尺品はより取り扱いが難しいため、別途長尺料金が加算されることがほとんどです。事前に見積もりを取るようにしましょう。

また、輸出先でも、長尺すぎて取り扱いに困る場合もあるので、荷受人に事前に確認しておくことが望ましいです。

利用するコンテナがあるか

巨大な貨物を輸送する際は、通常のコンテナではなく特殊なコンテナを使用して輸送されます。使用されるコンテナによって、運賃やコンテナヤードでの取り扱い費用が大きく異なります

想定以上の輸送費がかかってしまった!ということのないように、事前の準備が必要です。早めにパッキングリストを作成して、貨物の総量を確認し、輸送費用を見積もっておきましょう。

陸送手段はあるか

輸入で国内配送を行う場合は、貨物の大きさによって手配するトラックが変わります。特に、以下のサイズを超える貨物は要注意です。

  • 全長12.0m
  • 全幅:2.5m
  • 全高:3.8m
  • トラック積込後総重量:20トン

いずれかの基準をオーバーすると、特殊車両での配送になります。特殊車両での配送は申請が必要で、申請には2ヶ月ほどかかる場合があります。

貨物を輸入したものの、あまりに大きくて2ヶ月配送できなかった!といったことは防ぎたいですね。輸入前に、荷送人からパッキングリストを送ってもらい、大きさを確認するようにしましょう。

航空便やクーリエでよく見る容積重量(Volume Weight)とは?

容積重量(Volume Weight)とは何か解説

次に、容積換算重量(Volume Weight)について解説します。

容積重量とは

容積重量とは、容積を重量に換算することです。貨物輸送の料金は通常、容積重量と実重量の重い方をもとに計算します。

非常に軽くても、とてもかさばってしまい場所を取る貨物について、重量だけで運賃を計算すると、運送会社は損してしまいます。トラックでは1m³=280kg、海上貨物では1m³=1tというように、容積と重量のバランスを取るために設定されています。

航空便では、IATA(航空運送協会)が6000cm³=1kg(企業によっては5000cm³=1kg)と定めており、実重量と比べ、重い方を運賃計算の基準とします。

特に、貿易実務をする中では、クーリエ(国際宅急便)での書類作成で、パッキングリストへの記載が求められることがあります。

航空便の容積重量の計算方法

航空便や、クーリエでの容積重量の計算式は以下です。

縦(cm)x 横(cm) x 高さ(cm) ÷ 5000 または6000 を 実重量/kgと比較

具体的な例を挙げます。実重量:15.0 kg箱のサイズ:40cm×55cm×55cmであった場合、

40×55×55 = 121,000立方センチメートル
121,000÷6,000 = 20.166…kg

となり、容積重量の方が重たくなるので、実際の運賃はこれを基準として計算されます。容積重量をパッキングリストへ記載する必要がある場合に、参考にして下さいね。

まとめ

パッキングリストの基本についてまとめ

本記事では、パッキングリスト作成に必要な基本知識や、パッキングリストを使用して手配するものには何があるのかを解説しました。パッキングリストを取り扱う際の参考にしてみてくださいね!

Portrichでは、貿易書類でお困りの方のサポートを行います。はじめて貿易を行われる方でも、安心して行えるサービスを提供していますので、お気軽にお問い合わせ下さい!